自宅ルータをYAMAHA RTX1100からRTX1200に変更した。

自宅のeo光の回線を 100M から 1G に契約変更したことにともない、
それまでのルータ YAMAHA RTX1100 を 1G対応の RTX1200 に変更したので、その記録というか
将来のメンテナンスに備えて備忘録。

RTX1100 を導入するまでは バッファロー、IO-DATA などの家庭用ルータを使っていたのだが
やはり2,3日に一回はとまってしまって、いい加減ストレスがたまっていた。

いい加減何とかしたいと考えていたとこと、ふとしたところで RTX1100 の中古ジャンク品を発見
なんと ¥1,500円也!!!
格安の理由は LAN2ポートが使えなくなっていること。

1,500円ならダメもとで速攻購入して、ネットで設定情報を検索・確認しながら、安定稼動させ始めたのが
2015年の9月。
した機能は、ddns(netvolante.jp)、WOL、自宅Webサーバ。。
2015年9月より、RTX1200 に切り替えるまで2年半、一度のトラブルも無く黙々と安定稼動してくれました。

やはり、ルータなどのインフラ系の性能は、第1に壊れないこと、落ちないこと
安価な家庭用wifiルータなどでは、1ヶ月安定稼動してくれた記憶は無かった。。
** 1,500円くらいのルータで申し訳ないが。。

で、今回RTX1200 に変更したのは 
FireTV + DAZNでJリーグを見たかったから。。
FireTVでDAZNを見ていたがDAZNを快適に観るには 9MB/sec 以上の環境が必要らしいが
うちはぎりぎりクリアできる水準
eo光100M契約で 実測80Mbps(10MB/sec)程度と比較的恵まれた環境だったのだが、DAZNはやはり
滑らかとはいえない。(FireTVのスポナビライブ アプリはフルHDで十分満足できる水準だったのですが)

そこでeo光を1G契約に変更することを決意。
申し込むと、私は長期契約に該当するらしく、長期契約割引の申し込みと同時に契約変更することで
100円/月 程度逆に安くなるとのこと。(ただし今後3年縛りが発生するらしいが、違約金も許容範囲)

回線を1Gに変えたのだから、ルータが 100M 対応の RTX1100 では意味がありませんので、今回 RTX1200
に変更したしだいです。

設定はいたって簡単。
RTX1100 のときは、とりあえず初回の接続には
1)RS-232 ケーブルでPCとシリアル接続する
2)TELNETで接続する。ただし RTX1100のIPv6で接続しなければいけない。
で、2)はやってられないので、電気屋街でRS-232ケーブルを探し回りました。
**案外と置いている店が少ない。。

RTX1200はこのあたり簡単で ブラウザ(Chromeではダメでしたので、エッジでやりました)
で 192.168.100.1 にAccessすればOK。
**その前に初期化が必要で、microSD + USB + DOWNLOAD ボタンを同時に押しながら、電源をいれて、
  5秒程度するとアラームが消えるまで待つ

Basic認証のFormが出るので何も入力せずに「OK」
「管理者向けトップページへ」をクリック、またBasic認証のFormが出るので何も入力せずに「OK」
左上部の 初期設定 – ウイザード をクリックし「初期設定」ボタンをクリックするとあとはガイドに従うだけ。

このあたりは YAMAHAの http://jp.yamaha.com/products/network/solution/vpn/smartphone/vpn-smartphone-setup_rtx1200_gui/
を観ながらやれば、間違うことはないはず。

気をつけるのは、設定中に ルータのLAN IP を デフォルトの 192.168.100.1 から他に変更した場合
途中でAccessできなくなるので、いったんルータを再起動し、設定したルータの IP でAccess しなおすこと
**ルータの IP を変更したのだからAccessできなくなるのは当然