Linux-Ubuntu にアンチウィルス-Sophos Anti VBirus -を入れる

Windowsほどではないにしろ、Linuxに感染するVirusも存在する。
以前までは Linux で アンチウィルスを導入する際、ほぼ、ClamAV 一択でしたが、
オンアクセス検索が可能な、Sophos Anti Virus を利用することが多くなってきた。

**ClamAVでも可能になったらしいが、私はしらない。

無償版と有償版の違いは
集中管理機能、サポートが無いことで、基本的な機能はそのままつかえるとのこと。

Install は Sophos社のサイト
https://www.sophos.com/ja-jp/products/free-tools/sophos-antivirus-for-linux.aspx
から「ダウンロード」ボタンをクリックして ダウンロード + インストールが可能
手順は上記サイトに詳しく記載されている。

実際の運用を始めるにあたって、
1)オンアクセス検索の稼動
2)ウィルス情報の更新とスケジュール検索
3)ウィルスの検出TEST
を以下にまとめて行く。

1)オンアクセス検索の稼動
インストール時に

と訊いてきますので ‘Y’ を入力してください。
また、

で確認できる。

2)ウィルス情報の更新とスケジュール検索
 インストール時に

 と訊かれるので ‘s’ を選択しておく。 

 定時的にウィルス情報を Sophos社から取得し、スキャンをかけるために
 シェルを作成する。

 4:がウィルス情報の更新
 10:がウィルススキャンでこの場合、
rootから全ディレクトリ: ‘/’
をスキャンし
感染Fileを駆除:’-di’
-nc は
「駆除または削除が設定されている場合、
スケジュール検索では確認は行わない」
となる。
詳細なOPTIONは 同じく Sophos社の
https://community.sophos.com/kb/ja-jp/117346
に記載されています。
 あとはこのシェルを cron に

 などと追記する。

3)ウィルスの検出TEST
 TEST用のウィルスeicar.com をダウンロードしてTESTします

でダウンロードすると

と検知してくれる。
また

などとすると。

と警告してくれる。